野菜が好きな人が喜ぶ食品通販とは?

これは便利!野菜の通信販売

>

らでぃっしゅぼーや

農薬

らでぃっしゅぼーやでは、創業当時から、農家の方々の健康や、田畑などの自然環境を脅かす「農薬」を極力減らそうと努力を続けてきました。
その努力の甲斐あって、現在では、さまざまな方法で農産物を栽培しています。
品種を選定したり、栽培方法を工夫したり(耕種的防除)、微生物や天敵を利用したり(生物的防除)、防虫ネット、粘着版、光や熱の利用や袋掛けといった物理的防除を組み合わせることによって、農薬をそんなに沢山使用しなくても、農作物を栽培できるようになった…といいます。

農薬を使わない栽培というのは、難しいそうで、例えば、同じキャベツを栽培している畑は自然界から見ると異常な状態なのだそうです。
自然界はいろいろな種類の草や花が生えていることが普通らしく、同じ単一植物が生えていると、それは害虫にとって天国のようなものになってしまうのだそうです。

肥料

農業では、農薬と同じく、どんな肥料を使っているかが大切ですね。
ここでは、らでぃっしゅぼーやの肥料に対するこだわりを見ていきましょう。

らでぃっしゅぼーやでは、美味しい野菜を生産し、限りある資源を十分に活用するために、有機物を使った堆肥や肥料を用いています。
しかし、単にそうすれば、かんたんに美味しい野菜が育つ…といった単純なものではありません。

実際は、有機質の肥料には成分にばらつきがあることが多いため、土壌を十分に分析し、必要な成分を含んでいる有機質の肥料を使うことが大切であって、時には、化学肥料を少量使うことで、バランスを取ることも必要になる…とのことです。

単に有機質の肥料を使っているから美味しい…のではなく、使い方にもこだわりがあるために美味しい野菜が出来るのだそうです。


この記事をシェアする
TOPへもどる