野菜が好きな人が喜ぶ食品通販とは?

これは便利!野菜の通信販売

らでぃっしゅぼーや

らでぃっしゅぼーやの農産物は、生産者の方々が、「3つの柱」という3つのこだわりを持ってお野菜を生産されています。 このページでは、らでぃっしゅぼーやの方々がどんなふうにお野菜を生産されているか、調べてみたいと思います。 毎日食するものは安心できるものがいいですよね。 見ていきましょう。

らでぃっしゅぼーやの農産物

「らでぃっしゅ」とは、英語の単語で、日本語では二十日大根のことだそうです。
二十日大根は強い生命力を持った野菜だそうで、RADIXというラテン語を語源としているそうです。
「らでぃっしゅぼーや」は有機栽培や農薬を少なく使用した野菜、また添加物の少ない食品加工品を宅配してくれる食品の通信販売です。

「らでぃっしゅぼーや」はおいしさと安全性を大切にし、そうした農産物をお届けすることによって健康的な生活をしていただきたい…ということを理念としています。
農産物が私たちの手元に届くまでには、種や苗などを調達して栽培、収穫して出荷する…といった過程を経てきています。
その中で、私たちが食品を食べるためには、多からず少なからず自然に負担をかけて農作物を育て、手元に届くようになっています。
現在世界では、「持続可能な開発目標」(Sustainable Developent Goals)いわばSDGsがよく話題に出ますね。
「らでぃっしゅぼーや」では、「資源、エネルギーの利用を最小限に抑えて、環境の負荷を抑え、生物の多様性を守る。そして、持続可能な生産を続け、経済的に少しでも長い期間農業を続けるためにはどうしたらよいのか。」を考えて、生産者と共に模索し実践しています。

この「らでぃっしゅぼーや」では、農産物だけでなく、畜産品、水産品、加工品なども扱っています。
みな同じ理念に基づいて生産されているために、届けてくれる食品は安心して食することができます。

このサイトでは、こういった食品の通信販売について調べてみます。

らでぃっしゅぼーやの畜産物

らでぃっしゅぼーやでは、「全ての動物がストレスや痛みから解放されて、幸福に暮らす」という日本ではまだあまり馴染みのない「アニマルウェルフェア」といった考えに基づいて、畜産物を生産しています。 「アニマルウェルフェア」には主に「5つの解放」というものがあります。 見ていきましょう!

大地を守る会

前ページまでは、「らでぃっしゅぼーや」について見てきましたが、このページでは同じく野菜の宅配サービスの「大地を守る会」について調べてみます。 「大地を守る会」も食品の通信販売のひとつで、週に1回から、新鮮なお野菜を日本各地から定期的にお届けしてくれるサービスです。

TOPへもどる